社長に聞く! 人材育成・組織作り

代表取締役社長

葛西 万博

<チャレンジ>まずやってみること。挑戦がなければ失敗も成長もない。

チャレンジすることが何より大事です。それ仕事に関することだけでなく、一人ひとりの人生においても大事なことだと考えています。失敗してもいい。やってみて、何か気づきがあればそれはすでに成長ですからね。私自身もチャレンジしていきたいこととだらけです。

<自律と自立>自らを律した先に、自ら考え動ける自立した姿がある。

よく組織作りをスポーツに例えて表現するのを聞くのですが、私自身が学生時代に取り組んでいたこともあり、目指したいのはラグビーチームのような組織です。

野球やサッカーと違い、ラグビーの試合中、監督はフィールドを離れ、観客席から試合を見守ります。

もちろん練習では選手に寄り添い、ウィークポイントを改善したり、強みを強化したりと、選手たちの成長を支援します。でも、本番の試合ではあくまで選手たち自身で考え、判断していくというのがラグビーです。

そのためには前提としてメンバー一人ひとりが「自律」出来ている必要があります。そして、その上で自ら考え、判断して行動していけるという「自立」があると考えています。

自立した一人ひとりが、それぞれのポジションでレベルアップし、成長する。それが周囲に良い影響となり、共感を呼び、さらに他のメンバーも一緒に成長していく…

その積み重ねがより強いチームワークとなっていく。そんな姿が私の理想とする組織です。

<夢>個々の夢の実現を手伝いたい。

自立し挑戦し続けるメンバーには必ずその先に描く夢があるはずです。私はそんな個々人の叶えたい夢の実現を手伝いたいと考えています。

夢に向かって一人ひとりが自立する会社。一人ひとりの成長が組織・会社としての成長となり、地域の力となっていく。そんな未来を描いています。

「あんた達がここにいてくれてよかった」と地域の皆さん・りんご農家の皆さんからありがたい声を頂くのですが、これからも想いは変わりません。地域から必要とされ、感謝され、そして私たちも感謝を地域へと還元していく。そういう未来をこれからも作り続けて行きたいですし、こんな私たちに共感し、共に成長したいと考えていただけるような方々と一緒に未来を作っていきたいです。